サッシを選ぶ

工具3つ

お家を新築する時に、ついつい忘れがちなサッシ選びについてですが、当時の私は、アルミサッシしか思いつきませんでした。ですから、新築した家の窓サッシは全てアルミを選択したことで大変後悔した事をお伝えします。 それは、断熱と結露対策です。ハウスメーカや工務店ではガラスの断熱や結露についてはよく教えてくれたのですが、サッシの断熱・結露対策は全くしませんでした。 お部屋を使う条件によって窓だけではなく、サッシも選択すべきです。 例えば、寝室に2人ぐらいで就寝するなら、ペアガラス程度でも問題はないのですが、最近の家は高気密・高断熱なので、子供が2人追加されると人間の吐き出す息で結露してしまうのです。 こうした人口密度の高いお部屋には、樹脂製がお勧めなんです。このようなメリットを熟知して新築に取り組むと面白いですよ。

全てのお部屋の窓サッシを樹脂製にする必要はありません。 例をあげると、良く暖房するお部屋・人口密度の高いお部屋・2階の換気扇設置場所より高い位置にある窓・寝室窓などです。 高気密のお家は断熱性能が非常に高いので、外の空気と中の空気の温度に差が大きくなり結露が発生しちゃうんです。ガラスはペアガラスで十分として寝室には樹脂製サッシと樹脂製二重窓などで対応したりします。 最近の窓は大きく開放感をだしたいという願いからサッシ部分は大きさをどんどん縮小しているにもかかわらず、断熱性能を高めたサッシが最近の主流になりつつあります。お部屋に合せて選ぶかっこいいデザインもあり、機能から美しさまでの幅と性能向上の努力は知らないひとがほとんどです。 お部屋にあわせた工夫と流行の両立を楽しんでください。